COVID-19 対策実施中。詳細は「ニュース」をご覧下さい。

アーユルヴェーダ~季節の養生法 秋

空高くなり、雲や紅葉など、自然の変化が美しい秋。。
涼しくなって動きやすくなりましたね。

しかし、朝晩の寒暖差や気圧の変化が大きくなってくると、身体や心も影響を受けます。
これからの季節の行楽や、味覚の秋を、快適に楽しむため
自然のエネルギーを取り入れたアーユルヴェーダの過ごし方をご紹介しましょう。

🍂
アーユルヴェーダで秋は、‟ピッタ”と‟ヴァータ”のエネルギーが高い季節になります。

日中にまだ暑さが残る初秋は、
夏に蓄えた‟ピッタ”の熱の性質が身体にこもっているため、
胃が重たくなったり、炎症、皮膚のトラブルなどになりやすい時期です。
(※ピッタについてはこちら→アーユルヴェーダ~季節の養生法 夏

台風が多くなり、空気の質が冷たく変わっていく晩秋になるつれて、‟ヴァータ”が高くなります。

‟ヴァータ”とは、空と風の元素からなり、
その性質は、軽質、冷質、乾質、粗質、動質が特徴です。
体においては、運動/呼吸/排泄、神経の刺激伝達、心拍や筋肉や細胞組織の働き、
そして全身のバランスをコントロールしています。

ヴァータの影響を受けて出てくるサインは、
身体の冷えや乾燥、喉の痛み、頭痛、関節痛、気持ちの浮き沈みなどです。

熱質(ピッタ)↔冷質(ヴァータ)
真逆のエネルギーが、日によって、また一日の間で、
身体の中で増えたり減ったりすると、バランスが取りにくそうですよね…

ではどうやって整えていけば良いのでしょうか。(続き⇩)

最新情報をチェックしよう!
>全米ヨガアライアンス養成講座

全米ヨガアライアンス養成講座

~世界基準のヨガインストラクター資格にチャレンジしませんか?~  まずはご自身が心や体と向き合って健やかになり、幸せの質を高めていきましょう。ポーズだけでなく、心理学や伝統的なヨガ哲学、解剖学、呼吸法など、体系的にヨガを学び実践することで変化が現れてきます。その変化を伝えられることがインストラクターとしての初めの一歩。  教え方やクラスの組み立て方、開業ケースまでのレクチャーにより、卒業後はすぐに活動できるようになります。一人ひとりの悩みに寄り添いながら進めるので、安心して課題に取り組むことができます。

CTR IMG